インターンシップの服装はスーツ、私服?何を着ていくのが正解か!?

人事の本音
この記事は約5分で読めます。

インターンシップにエントリーし、行き先が決まった学生の皆さん!インターンシップ先に、何を着ていくのが正解か判りませんよね?そんな未来の社会人に、何を着ていくのが正解か、元採用担当がお答えしていきます!!

インターンシップの服装について

最初にインターンシップを、予約した際の概要欄・情報欄を見て下さい。そちらに服装の記載があると思います。

例えば、

  • 某企業Aの場合、服装:自由
  • 某企業Bの場合、服装:自由(大学通学時の私服)でお越しください。
  • 某企業Bの場合、服装:スーツでお越し下さい。

など企業によって色々な記載があります。

まず、大前提として企業が服装を指定している場合は、指定に必ず従いましょう。

スーツで来て下さいと記載があるのに、私服で行くと浮きますからね笑

浮くとあまり良い印象を与えることが出来ません(インターンシップも選考に関係ありますよ)ので注意です。

以下にそれぞれの対応方法を書きましたので参考にして下さい

スーツでお越し下さいの場合

スーツの場合

この場合、服装選びに迷わないですね!

必ずリクルートスーツで行きましょう!(男性は必ずネクタイをして行きましょう)採用担当からすると、皆同じ格好で来るので、しっかりした着こなしは、かなりポイントが高いです!

以下、画像からポイントを紹介していきます!

※男性はネクタイをしていき、とって良いと言われたらとりましょう!

スーツの身だしなみ・マナー①
        男性        女性
①-1.おでこは、なるべく出す。
 2.髪は耳にかからないようにしましょう。
 3.襟足はシャツに、かからないようにしましょう。

②-1.シャツの襟はレギュラーカラー(襟)
  2.ネクタイは第一ボタンが、見えないようにしっかり絞める

③シャツが袖口から1~2cm程出る長さのジャケット・シャツを選ぶ

④-1.スラックスの長さは、ワンクッション(靴にかかる長さ)が基本
  2.靴下はスーツに合わせて、黒色か濃紺を選ぶ
 3.靴はビジネスシューズの黒色
 (内羽根式のストレートチップを選ぶ)                     

A.髪は、まとめるかピンでとめる

B.シャツは開襟シャツか、第一ボタンがあるシャツ(オススメはボタンで留められるもの)

C.シャツが袖口から、1~2cm程出る長さのジャケットを選ぶ

D.スカートが基本(短すぎない物を選ぶ)

E.ヒールが高すぎないパンプスを選ぶ









 

ここからは更にオススメ!立っている状態の「身だしなみ」は、よくありますが座った状態の身だしなみです!

スーツの身だしなみ・マナー②
           男性          女性
⑤座った時に、素肌が見えないようにしましょう。(長い靴下)

⑥ カバンは地面に置いたときに自立する物を選び、A4のファイルが入る大きさの物を選びましょう。
F. カバンは地面に置いたときに自立する物を選び、A4のファイルが入る大きさの物を選びましょう。

また、男女共通して黒か濃紺のリクルートスーツを選びましょう。

 

服装が自由(指定が無い場合)

自由な服装で来てくださいの場合

結構困ると思います。元人事の時は、自由な服装は禁止にしていました。でもその人のパーソナリティを見るために、導入している企業が多いので対策していきましょう!ポイントをお伝えします!

自由な服装(例)

●男性の場合

ジャケパンスタイルのオフィスカジュアルが基本です。

  • ジャケットは黒か濃紺を着用する
  • 襟付きのシャツ(白推奨+インする)
  • チノパンorスラックスを履く
  • 靴はスニーカーではなく革靴

※迷ったらリクルートスーツでもOK!!

 

●女性の場合

ジャケパンスタイルのオフィスカジュアルが基本です。

  • ジャケット着用※男性ほど色の指定はありません(白・ブルーもOK)
  • シャツかブラウス着用(襟はなくてもOK)(白推奨)
  • チノパン・スラックス着用※男性ほど色の指定はありません
  • 高すぎるヒールは×パンプスを履きましょう

※迷ったらリクルートスーツでもOK!!

 

服装が自由な場合

服装が自由(通学時の服装など)オフィスカジュアル×の場合

私服も気をつけよう!

オフィスカジュアルでもリクルートスーツでもなく、普段の格好で来てくださいと、ある場合があります。

「例えば、某企業Bの場合、服装:自由(大学通学時の私服)でお越しください。」

とても困りますよね笑 これは人事の人が、どんな人間か見たい場合に多いです。対策していきましょう!!

●男性の場合

基本は、ジャケパンスタイルですが、オフィスカジュアルほど固くない服装が求められます。上の画像のようにTシャツにジャケットなどがおススメです。

また、夏であればポロシャツもおすすめです。

パンツはジーンズではなくチノパンを着ていきましょう。靴はスニーカーでOKですが、白色のスニーカーなど清潔感がある格好でいきましょう。

 

□POINT

  • 基本はジャケパン
  • 夏はポロシャツでOK
  • 靴はスニーカーOKだが、白色推奨

 

●女性の場合

目指せ女子アナスタイルです!笑

女子アナのような格好がおススメです!

目指せ女子アナスタイル!

露出は少なく、色遣いは抑え目で女性らしさを忘れないスタイル(女子アナスタイル)が、一番印象が良いです。特に男性社員や、年配の方に受けがいいのでおススメです!

□POINT

  • 基本は女子アナスタイル(地味目な)
  • 色遣いは抑える
  • 露出は少なく

 

まとめ

インターンシップの服装を、人事の目線で書いてみました。

インターンシップ時の服装は、選考では無いものの印象として記憶に残ります。

しっかりと対策していきましょう!

服装が全てではありませんが、合格率はしっかりした服装の方が、良い印象があります(あくまで印象ですが)やはり「身だしなみ」をしっかりする人(準備出来る人)が、就職活動を充実したものにするのだと思います。

この記事がお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました